キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2015/09/11
コンタクトフォームの情報を更新しました。
◆2015/09/11
サイトマップの情報を更新しました。
◆2015/09/11
不定愁訴治療には漢方療法を新規投稿しました。
◆2015/09/11
不調時には品質の良いサプリで補うを新規投稿しました。
◆2015/09/11
食事と運動で乗り越えるためのポイントを新規投稿しました。

更年期とエストロゲンの深い関係とは!?


更年期というのは1年以上生理が無い閉経を迎える時期の前後5年間ぐらいの期間のことを言い、一般的には45歳から55歳ぐらいの期間のことを言います。更年期と言うと更年期特有の症状が起こるということでなんかいやだなという感じを受ける期間でもあります。ただし、更年期について決して恐れる必要はありませんので、このページを利用して正しい知識を持って備えるようにしましょう。

更年期に起こる主な症状

更年期に特有な症状が起こる最大の理由はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が減少することによって、ホルモンバランスが乱れてくるからです。このホルモンは生殖機能を作るというのと体内のホルモンバランスを整えるという働きをしています。エストロゲンの分泌量が減ると体内でのバランスが崩れ、他の器官に影響がでてきます。

更年期に特有な症状というのは血管系や精神系、運動器官系、消化器系、泌尿器系、生殖器系、知覚系、皮膚系などさまざまなところで起きます。40代を迎えて原因不明で何か症状が出ているというのであれば、まずは更年期障害ではないかということで対処をしてください。

ただし、こういう症状が更年期障害とは限らないケースもあります。更年期障害だと思ってほったらかしにしたら、別の病気だったというケースも十分に考えますので、婦人科などを受診して原因を突き止めてください。

更年期に特有な症状を改善する

更年期に特有な症状については多岐にわたっていて、症状の出方や強さについてはかなり人によってばらつきがあります。更年期にエストロゲンが減っているというのは誰しも体験しているわけですが、症状が出るかどうかというのはエストロゲンの減少に対する対応力によって違います。上手く対応ができる人はそれほど症状が出なくて済みますが、そうでない人は日常生活を送るのに苦労します。

日常生活を送るのに苦労しているのであれば、やはり婦人科に行って見てもらうべきです。血液検査でエストロゲンが減少しているのが分かりますし、他の婦人科系の病気や生活習慣病、うつ病などについても見てもらえます。

更年期に特有な症状を治療するために使われるのは、ホルモン補充療法といってエストロゲンを補充することで、うまくバランスが取れなかったホルモンバランスを整えて症状を和らげます。その他には、特定の症状が強く出ているのであればそれを改善する薬も処方されます。

東洋治療というアプローチもあり、漢方や鍼灸療法をなどを使って一人一人に合わせて対処していきます。

更年期で注意すること

更年期をうまく乗り切るためには栄養バランスが取れた食事をしたり、適度に運動を行ったり、趣味などに打ち込んだりするのがいいです。こういうことをすることによって健康を保つことができますし、うまい具合にストレスを発散してくれます。

更年期になると更年期特有の症状だけでなく、高血圧症や骨粗しょう症、狭心症、心筋梗塞、バセドウ病、婦人科系の病気などになりやすくなります。こういう病気にならないためにも健康には十分に気をつけてください。

更年期の女性をサポートする体制を作る

更年期を迎えている時期というのは、子供の独立や親の介護、仕事の責任、自分の症状のことなどでストレスがとてもたまりやすいです。こういう症状になった時に職場や家庭がうまくサポートすることができれば気持ちが楽になります。

▲PAGE TOP